オススメのインジケーター

タイミングを見極める!オシレーター系インジケーターのおすすめ4選

投稿日:

前回はトレンドを判別するためのインジケーターを紹介しました。

今回はエントリータイミングを見たり、相場の過熱感を測るためのインジケーターを紹介します。

 

オシレーターって何?

オシレーターとは通貨ペアの過熱感、つまり、買われ過ぎ・売られ過ぎを測るための指標です。

 

オシレーターをどう使う?

相場は行き過ぎると戻り、また伸びては戻りを繰り返し、波を描きます。

オシレーターはこの相場の転換のタイミング、そして、それに合わせたエントリーのタイミングを図るために使われます。

逆張りでのエントリーや、トレンド相場での「押し目買い」や「戻り売り」のエントリー基準として使われることが多いです。

それでは主要なインジケーターを紹介したいと思います。

 

RSI

RSIとは

RSIとは「Relative Strength Index」の略で、相場の「上昇変動」と「下落変動」のどちらの勢いが強いのかを測るものです。

RSIは下記の式で計算されます。

n期間の値上がり幅の平均 ÷ (n期間の値上がり幅の平均 + n期間の値下がり幅の平均) × 100

特定期間の値上がり幅と値下がり幅の比率を表します。

 

RSIを使った判断

一般的には、RSIの数値が

70%以上になると買われ過ぎと判断し「売り」

30%以下になると売られ過ぎと判断し「買い」

という使い方をします。

 

ストキャスティクス

ストキャスティクスとは

ストキャスティクスは「買われ過ぎ・売られ過ぎ」を判断するためのテクニカル指標です。

ストキャスティクスは%K、%Dという2本のラインから構成されます。

%K = (現在の終値 - 過去n期間の最安値) ÷ (過去n期間の最高値 - 過去n期間の最安値)

%D = (n期間ストキャスティクスの分子のm期間移動平均) ÷ (n期間ストキャスティクスの分母のm期間移動平均)

という式で計算されます

 

ストキャスティクスによる判断

2つのラインの位置関係で「買われ過ぎ」と「売られ過ぎ」を測ります。

一般的には %Dが80%で買われ過ぎ、20%で売られ過ぎと判断します。

%Kが早く動き、%Dが遅れてついてくるような関係になりますので、

「%Kが%Dを上抜いたときは買い、%Kが%Dを下抜いたときは売り」というようにエントリータイミングを図ります。

 

RCI

RCIとは

RCIとは、「Rank Correlation Index」の略で、「順位相関係数」という意味になります。

時間と価格に順位をつけて、それぞれがどれだけ相関しているかを測る指標になります。

「上がり始め」「下がり始め」のタイミングを図ることができます。

「押し目買い」や「戻り売り」のタイミングを図るのに最適なテクニカル指標です。

 

RCIを使った判断

底打ちしてから-80%を超えてきたら「買い」、天井から80%を下回ると「売り」で判断をします。

 

MACD

MACDとは

MACDとは、「Moving Average Convergence Divergence」の略で、日本語では「移動平均線収束拡散法」と言われています。

MACDのインジケーターは2本のラインから構成されます。

MACD = n期間指数平滑移動平均 - m期間指数平滑移動平均

シグナル =MACDのy期間指数平滑平均

ただし、nはmよりも短い期間を設定します。

 

MACDを使ったエントリータイミング

「MACDがシグナルを上抜いたら買い、シグナルを下抜いたら売り」という形でタイミングを図ります。

RCIと同様に、トレンド相場での「押し目買い」や「戻り売り」のタイミングを図るのに有用なインジケーターです。

 

いかがでしたでしょうか?

トレンドの判断が正しくても、エントリーのタイミングが間違っていると、利益は残せません。

個人的にはオシレーター系のインジケーターは単純に逆張りで使うよりも、

トレンド相場での「押し目買い・戻り売り」のタイミングを測るのに使うのがおすすめです。

是非日々のトレードに活かしてみてください。

-オススメのインジケーター

Copyright© MT4業者比較.com , 2017 AllRights Reserved.