MT4の使い方

MT4が備えている柔軟なカスタマイズ機能の紹介

投稿日:

MT4ではチャートをはじめ、インジケータを導入したり、様々なカスタマイズを行うことができます。

チャートのカスタマイズ

MT4のチャートは自由にカスタマイズを行うことができます。

例えば、色を変更したり、チャートの種類を変更したりすることができます。

チャート上で右クリック →「プロパティ」をクリックします。

 

「色の設定」タブで各要素の色の変更を行うことができます。

「基本配色」の部分でMT4の標準で用意されているテーマを選ぶことができます。

テーマは

  • Yellow On Black
  • Green On Black
  • Black On White

の3種類があります。

 

「全般タブ」でチャートのスケールやチャートの種類、その他要素の表示非表示の設定を行うことができます。

 

インジケータの設定

MT4ではたくさんのインジケータが標準で用意されています。

ナビゲータウィンドウを表示します。メニューの「表示」→「ナビゲータ」

 

導入したいインジケータをドラッグし、チャートへドロップします。

チャートへドロップするとインジケータの設定画面が開かれます。

今回はRSIをドロップしました。表示したいRSIの期間を入力し、OKをクリックします。

 

定型チャートの保存と読み込み

カスタマイズしたチャートを定型チャートとして保存することができます。

保存しておくことで、後からいつでも呼び出すことができます。

定型チャートの保存

チャート上を右クリック →「定型チャート」→「定型チャートとして保存」をクリック

定型チャートの読み込み

チャート上を右クリック →「定型チャート」→ 読み込みたい定型チャートを選択

 

チャートの組の保存

MT4では1つの画面に複数のチャートを表示することができます。

それらを1つのまとまりとして保存することができます。

それがチャートの組の保存機能です。

チャートの組の保存

上部メニューの「ファイル」→「チャートの組表示」→「名前を付けて保存」

チャートの組表示

上部メニューの「ファイル」→「チャートの組表示」→「表示したい組を選択」

 

以上で説明したとおり、MT4は柔軟にカスタマイズを行うことができ、保存と読み込みの機能も備えています。

MT4を使いこなして、自分にとって見やすいチャートを作り、より良いトレード環境を目指しましょう。

-MT4の使い方

Copyright© MT4業者比較.com , 2017 AllRights Reserved.